« パリ日記15(ノルマンディ編) | トップページ | パリ日記17 »

2011.08.08

パリ日記16

無事にパリに戻ってきたけれど長い長いお昼ご飯で夜まで全くお腹空かず。。。結局その日はお昼ご飯のみでした。

8月5日、そろそろフランス料理に飽きてきたマコポです。もともと和食大好き、ご飯大好き人間なのでそろそろパンは。。。

と、言うことで今日のランチは韓国料理(* ̄ー ̄*)!!

P1020491 P1020494

鶏のから揚げ葱ソースと豚肉と野菜のピリ辛炒め。

ナムル盛り沢山に牛テールの辛いスープとご飯。ん~美味しいよ~。お米食べるとやっぱりホッとします。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

お腹いっぱいになったところで本日の目的地へ。

今日は私の母校「Le Cordon Bleu」に久し振りに、卒業して以来なので7年振りに訪ねました。

P1020495 P1020496

実はパリ校、こんな地味なところにあります。コルドンの制服を着た生徒達が前にいなければ通り過ぎてしまうほど。

毎日のように通ったこの通り、何だか不思議な気分です。タイムスリップしているみたい。

仲良かったシェフ・テリヤンはいたけれど、大好きなシェフ・ジャンフランソワが本日はお休みとのこと。。。残念。でもせっかくなので「明日出直します」と言うと「じゃあ明日一緒に賄い食べよう」と誘ってくれました。「デモも見ていいよ」と言ってくれたので出直し。

8月6日、 朝早く久し振りにデモの教室へ。いました!シェフ・ジャンフランソワ(≧∇≦)!!(通称おじいちゃん)

変わったかな??いや相変わらずお茶目で優しい笑顔です。

飴の授業をやっていました。アシスタントしていた頃よりも道具が立派になっていました。

P1020502 P1020503_2

素手で飴細工を作るのが彼の特徴。普通は飴細工用のゴム手袋をするのですが素手の方がやりやすいと言って60℃位ある飴を3時間もずっと素手で作るのです。

P1020505

完成品です!マッシュルームとひまわりかな?この写真では見えないけれど彼の作るリボンの飴細工はとっても綺麗です。

地下のキッチンで賄いavec Kir をシェフ達と一緒に食べて、午後はシェフ・テリヤンのデモを見てとコルドンに通っているような一日でした。

P1020498

シェフ・テリヤンと。

P1020508 Kif_1625_2

シェフ・ジャンフランソワとマコポの今と7年前と。変わったかしら??少しは成長しているといいな。

|

« パリ日記15(ノルマンディ編) | トップページ | パリ日記17 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121640/52422002

この記事へのトラックバック一覧です: パリ日記16:

» 夏向きのお部屋にしてみませんか?プランニングいたします。 [Witch House]
家具の配置をかえるだけでも夏向きの部屋になったりします。アイデア豊富、おまかせください。 [続きを読む]

受信: 2011.08.08 23時29分

« パリ日記15(ノルマンディ編) | トップページ | パリ日記17 »