« パリ日記11(ノルマンディ編) | トップページ | パリ日記13(ノルマンディ編) »

2011.08.06

パリ日記12(ノルマンディ編)

8月3日、ノルマンディ3日目の朝は昨日行けなかった「Beuvron-en-Auge」と言う小さな村へ。

この村は「最も美しい村」のひとつに選ばれていて17世紀頃から残る木組みの家々が並んでいてとても可愛い村です。

が、残念ながら電車やバスなどの公共アクセスが無いため、車のない私達はマダムにお願いしてタクシーを呼んでもらいました。

Caenから結構飛ばして約30分程で到着(* ̄0 ̄)ノ!

P1020442_2 P1020441_2

クレープ屋さんや雑貨屋さんもノルマンディ建築で可愛いです。

P1020443_2 P1020444

村中ずっとこの木組みの家が並んでいます。本当におとぎ話の世界に来たみたいな感覚でした。

P1020439_2 P1020446_2

きれいな花々が至る所に飾られていました。

が、私は俄然やっぱり「花より団子」派ψ(`∇´)ψ

こちら「tarte normandie」ここの名物?らしいです。

タルト生地の中に林檎とアーモンドクリームを入れて焼き上げたというシンプルで素朴な焼き菓子ですが、生地がしっかりと焼けていてサクサクしていて香ばしく林檎もアーモンドクリームも甘過ぎず美味しかったです(* ̄ー ̄*)

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

この村からまたタクシーに乗りCaen駅でおろしてもらい、Bus Verts(高速バス)に乗って港町のHonfleurへむかいます!

|

« パリ日記11(ノルマンディ編) | トップページ | パリ日記13(ノルマンディ編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121640/52402969

この記事へのトラックバック一覧です: パリ日記12(ノルマンディ編):

« パリ日記11(ノルマンディ編) | トップページ | パリ日記13(ノルマンディ編) »