« 「ゴーヤ観察日記3」とパリのアパルトマン | トップページ | フランス準備 »

2011.07.22

昔なつかしのババロア♪

連日暑い日が続いていましたが、昨日今日となかなか涼しい日で少しほっとしています。

暑さには本当にめっぽう弱く、まだ始まったばかりなのに早速夏バテしてしまい友達に「夏バテは夏の終わりにするものだよ」とまで言われる始末(p_q*)

ですが夏バテのおかげでぱんぱんにむくんでいた顔が少しすっきりとしたと思うのでよしとします(* ̄ー ̄*)

さてこれからまだまだ続く夏の暑い日にはこんな「昔なつかしのババロア」はいかがでしょうか?

するっと口のなかに入り滑らかな口どけと食べやすいですが、卵も牛乳もしっかり入っているの食欲のないときでも栄養が摂れます。

ババロアは誰からも好かれる優しい味ですしまた子供の頃の思い出の味なのでは??

是非昔なつかしの蛇の目型で作ってちいさな頃を思い出しつつマイスプーンを持ってにんまりしてください( ̄▽ ̄)

307517397

   

       「昔なつかしのババロア Bavarois aux classique」

 「材料」 20㎝の蛇の目型1個分

 ・牛乳 175㏄

 ・生クリーム 75㏄

 ・卵黄 3個分

 ・グラニュー糖 50g

 ・バニラビーンズ 1本

 ・板ゼラチン 3枚

 ・生クリーム 150㏄

 ”下準備”

 ・板ゼラチンは氷水でしっかりとふやかしておき、しっかりと水気を切ること。

Shot_1310708667371

 ・生クリーム150㏄は7分立てにして冷蔵庫に入れておく

「作り方」

1.ボウルに卵黄を割りいれバニラビーンズの種を卵黄にさやは牛乳の鍋に入れる。グラニュー糖を加え白っぽくなるまでしっかりとすり混ぜる。

Shot_1307080280621

2.鍋に牛乳と生クリーム(75㏄の方)を入れ軽く温める。 沸かさないこと!!!

Shot_1307072947166

3.温めた牛乳を卵のボウルにまず半量加えしっかりと混ぜ、残りを加え混ぜる。

4.牛乳の入っていた鍋に目の細かい網で濾し戻し中火にかける。

5.80℃までゴムべらで8の字を描くように混ぜながら火を入れていく。

    底があたりやすいので底を気を付けて混ぜること!

6.80℃の目安としてはスプーンの背に線を描いても線が垂れてこない状態。

Shot_1307080657877

7.しっかりと水気を切っておいたゼラチンを加えよく混ぜ、網で濾してボウルにあける。

8.氷水にあてながらゴムべらで静かに混ぜながら急速に冷ます。

   急速に冷まさないと傷み易いので注意!必ず氷水で!!

Shot_1307080753705

9.少しとろみがついてきたら7分立てにしておいた生クリームをまず半量加え泡だて器でしっかりと混ぜる。

10.残りの半量を加え今度は最初は泡だて器、後半はゴムべらに変え、優しく泡を消さないようにふんわりと混ぜる。

Shot_1307084133222

11.全体が綺麗に混ざったら蛇の目型に流し入れ冷蔵庫で最低2時間しっかりと冷やし固める。

12.型をひっくり返しバーナーをあてる、または熱めのお湯に少し浸けひっくり返す。

13.泣かない粉糖をやさしく振って完成!!

307517397_2

☆今回は真ん中が空いているのでドラジェを飾ってみました。お好みで季節のフルーツを飾っても綺麗だと思います。是非作ってみて下さいね!

そしてこのババロアはLe Petit Poissonでも置かせていただいているTinarosaさんのお茶ともとても相性がいいです!私は「美」と「昼」を合わせるのがお気に入りです(* ̄ー ̄*)

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

ランキングに参加しています。

クリックしていただけると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

|

« 「ゴーヤ観察日記3」とパリのアパルトマン | トップページ | フランス準備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121640/52277256

この記事へのトラックバック一覧です: 昔なつかしのババロア♪:

« 「ゴーヤ観察日記3」とパリのアパルトマン | トップページ | フランス準備 »