« お菓子をつくるということ | トップページ | エッフェル塔 »

2010.02.04

お菓子も背中

「大切なのは背中」と言うけれど、それはお菓子も同じ。

焼きあが20100204173148_2った時にちゃんと裏返して見てあげないと分からないことは沢山。

表面は綺麗に焼き色がついていてもちゃんと背中までしっかり焼けていないと粉っぽさの残った味になってしまいます。

ガレットブルトンヌとサブレショコラのこちら焼き上がり表面図。

そして裏返してみた図。20100204173211

しっかりと焼かれると粉の香りが香ばしい香りになるので。

本やルセットに焼時間は書いてあるけれど、それはあくまで目安にして、あとは自分の鼻と目で見極められるようにと教わったさかなはタイマーを使うことは殆どないのです。

でも背中から教わることが沢山あるから大丈夫なんだな。

それにしてもバナナって言うのはお菓子作りにおいてなかなかどうして難しい食材だと思うんだな。。。。。

それでもう既に殆ど完成されているような果物だからな、手のいれようが難しい。。。。。

|

« お菓子をつくるということ | トップページ | エッフェル塔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121640/47478939

この記事へのトラックバック一覧です: お菓子も背中:

« お菓子をつくるということ | トップページ | エッフェル塔 »