« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010.02.26

んんん…???

んんん…???
あやしい(;□;)!!


おいしいかな〜?


恐くて夜は試せないっす(¥△¥;)
(まぁ朝も乳製品弱いから、どちらにせよだけど(>_<)…)


ちなみにこのヨーグルト、シリーズで青汁とかトマトとかもありました……


おいしいかな〜

おいしいかな〜

おいしいといいな…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.02.25

臨時休業のお知らせ

臨時休業のお知らせ
誠に勝手ながら2月28日の日曜日は臨時休業とさせていただきますm(__)m


また2月27日の土曜日は16時までの営業とさせていただきますm(__)m


ご迷惑をおかけいたしますがどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m


3月3日の水曜日からは通常営業になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.14

最近のマイブーム

最近のマイブーム
軽量カップで蕎麦茶を飲むこと( ̄▽ ̄)v


自慢して報告することでもないけど、何故か落ち着くから気に入っています。


お行儀悪いのは重々承知ですが、昔から軽量カップが好きなんです。


それにゆかちゃんもこれでお水のんでるし( ̄^ ̄)y-~~(←だから肯定される訳ではないけど……)


何はともあれバレンタインも無事終了!

沢山の御来店本当にありがとうございましたm(__)m


さぁこれからはホワイトデーだ(≧▽≦)ゞ


蕎麦茶飲んで盛り上がっていきます!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.02.13

「シャルロットオウフレイズ」完成!

「シャルロットオウフレイズ」完成!
ババロアがしっかり固まったら苺を飾って最後にリボンを結んでデコレーションしたら出来上がり!


苺は縦四つ割りが綺麗に見えて盛り付けしやすく、かつあまり果汁が出なくてケーキを汚さない、と思いさかなは好きです。


お勧めです。

シャルロットにリボンを結んであげるのは、

昔々のフランスで、まだ絞り袋が発明されていなかった頃、

お菓子屋さん達はスプーンで生地を落として焼いていました。

最初に出てきた生地「ビスキュイアラキュイエール」とはビスキュイ=生地、キュイエール=スプーン

つまり"スプーンでの生地"ということになります。


一本一本焼いていくのでフィンガービスケットのような状態です。


これをバラバラにならないようにリボンで結んで仕上げていたのです。


今では絞り袋もあるのでバラバラにはなりませんがその名残で結んであげるお店は多くあります←特にフランス


シャルロットは持ち運びにも便利だし(周りにクリームがないので)見た目も可愛いし簡単な割に豪華に見えるのでお勧めです(*^.^*)


このシャルロット、ルプチでは3月のお菓子教室で作ります( ̄▽ ̄)v


そんな3月のお菓子教室の空き状況は


3月7日と21日の日曜日に1名ずつ、23日の火曜日に2名空いております。


皆さん是非一緒にシャルロット作りましょう* ̄0 ̄)ノ

ご連絡お待ちしております(≧▽≦)ゞ


0368070279

info@le-petit-poisson.com

まで!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「シャルロットオウフレイズ」3

「シャルロットオウフレイズ」3
型の準備が出来たらババロアを作って流し入れます。

ババロアなどは固まり始めると早いので必ず型を準備してから作りましょう。

今回は苺のババロアにしました。

半分流したところで中に入れる用に取っておいた生地をいれて、もう半分流し入れます。

もしババロア大好き!な人でしたら中の生地は省略していただいても。


次回は仕上げです(*^.^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「シャルロットオウフレイズ」2

「シャルロットオウフレイズ」2
セルクル(丸いわっか)に生地を入れて組み立てていきます。


今回は15㎝のセルクルを使っています。


まず外枠を敷き込んでから底をいれます。


そこに苺果汁入りのシロップを刷毛で底と側面に塗ります。

なければレモン果汁とガムシロをあわせたものでも大丈夫。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「シャルロットオウフレイズ」の作り方

「シャルロットオウフレイズ」の作り方
さてさて今日はお菓子教室オン・インターネット♪♪

雪が降っていて寒いですがこれを見て楽しんでいただけたら(*^.^*)


「シャルロット・オウ・フレイズ」=苺のシャルロットです。

この時期色鮮やかな苺を使ってあげると一気に華やかな雰囲気に仕上がります。

まずビスキュイ・ア・ラ ・キュイエールと言うメレンゲ主体の生地で周りの冊を絞り、残りは底と中用に丸く絞って焼きます。


写真は焼けた図(^^ゞ

組み立ては次です


☆☆☆☆☆☆

ゆかちゃん、君なら分かってくれると思っていたよ(≧ε≦)

バルボ好きだよね〜青エプロン。

が、私の青エプロンはもはや既に粉まみれです。

河田さんのところも弟子っ子達は白前掛けだった。

まぁ私もまだまだ気持ちはコミだな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.02.12

ひとり勝手に

ひとり勝手に
斎須さん風( ̄▽ ̄)v

(分かる人少ないだろうな…)

もしくはバカナル風(≧ε≦)

(分かる人はもっともっと少ないだろうな……)


タブリエ(腰エプロン)好きなんだけどお腹が汚れるのです。

なのでたまにはこちらも(^-^)ノ~~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.02.11

ハート×4つ

ハート×4つ
それは四葉のクローバー( ̄▽ ̄)v

(見えますか?)


昔々さかながまだ小さかった頃、公園で一生懸命探したけれど見つからなかった……(+_+)


そんな四葉のクローバーはハートを4つあわせたら完成!

これなら絶対に見つかるもん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.10

チョコ三昧

チョコ三昧
昨日は夢の中でテリーヌドショコラ作ってました(@_@)

その前日はチョコレートをテンパリングしてました、これまた夢の中で……
そして現実でも……

普段やり慣れていないことをすると必ずひとりてんてこまいのあたふたあたふたで手を切ります(+_+)

クリスマスの時も同じく……


でも一歩一歩確実に進んで行こうと、あたふたしながらも思うのです。


あたたかい声援ありがとうございます(≧ε≦)

今日はチョコの夢を見ませんように……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.09

てんてこまい♪♪

てんてこまい♪♪
てんてこまいてんてこまい

てんてこまいなのよ♪

もはやてんてこまくってナチュラルハイホー♪←壊れ気味( ̄▽ ̄)v


ショコラをテンパリングしながら自分もてんぱりんぐ(@_@)(汗)


このロボット君の様に何かにしがみつきたいぞ〜

が、ボンゴるおいら!


昨日ベッキーがテレビでいいこと言ってました

「大変」って大きく変わるって書くから大変な事の後には大きな変化が待っていると……

よし、フォルツァ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.02.06

気持ちには逆らえず…

気持ちには逆らえず…
少し前に栗の型を買いました。

しかしもはや今は栗のシーズンではなく、今年の秋まで待たなきゃな、と思っていたのですが……


どうしてもどうしても、どんな風に焼き上がるのか見たくて…


カトルカールで焼いてみちゃいました( ̄▽ ̄)v←いやピースしている場合ではないのだけど……


が、可愛い!


ころんとしていて。


レモン味だけどね(u_u)o〃

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.02.05

コンプレ

コンプレ
新作君のご紹介!

「全粒粉のサブレ sablee aux farine complet」

全粒粉を使用しているのでザクザクとした食感です。

素朴な味わいで少し昔懐かしい感じがすると勝手に思っています。

繊維質がとっても豊富なので消化系にも宜しいかと。

昔から胚芽やふすま、オートミールなどが入ったクッキーが好きな子だったさかなは今も変わらず雑穀万歳です。

☆☆☆☆☆

寒い寒い(>_<)

そろそろ春来ないかな〜

暦では確か昨日立春……春よいずこへ……


でもチューリップの球根がぐんぐん伸びてきているから、たぶん春もそこまで来ているんだろうな(願い)

さぁバレンタインの準備しなきゃ!

皆さんの気持ちが伝わるよう精一杯作ります。

お待ちしております(≧▽≦)ゞ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

エッフェル塔

エッフェル塔
バースデイケーキにのせるように作ったエッフェル塔君達。

たまにはこんな可愛らしい(?)こともします( ̄▽ ̄)v


でも本来はエッフェル塔←女性名詞なのでエッフェル塔ちゃん達かな(^.^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.04

お菓子も背中

「大切なのは背中」と言うけれど、それはお菓子も同じ。

焼きあが20100204173148_2った時にちゃんと裏返して見てあげないと分からないことは沢山。

表面は綺麗に焼き色がついていてもちゃんと背中までしっかり焼けていないと粉っぽさの残った味になってしまいます。

ガレットブルトンヌとサブレショコラのこちら焼き上がり表面図。

そして裏返してみた図。20100204173211

しっかりと焼かれると粉の香りが香ばしい香りになるので。

本やルセットに焼時間は書いてあるけれど、それはあくまで目安にして、あとは自分の鼻と目で見極められるようにと教わったさかなはタイマーを使うことは殆どないのです。

でも背中から教わることが沢山あるから大丈夫なんだな。

それにしてもバナナって言うのはお菓子作りにおいてなかなかどうして難しい食材だと思うんだな。。。。。

それでもう既に殆ど完成されているような果物だからな、手のいれようが難しい。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.03

お菓子をつくるということ

この間書いた河田さんの本、なんと書いたら伝わるのか分からないけれど、言葉では伝えられないと思ったから久し振りにもう一冊買いました。

お菓子には料理やパンよりも”こうしたらこうなる”という理由のようなものがもう少し強くあると思う。

そこを理解して作るのと、そうでないのではかなり明確に差が出ると思うし。

20100130125034_3例えば、これはカヌレ用に牛乳を沸かしたところです。(バニラビーンズ入り)

カヌレを作るのはとても簡単なルセットで、卵、牛乳、グラニュー糖、薄力粉、バニラ、ラム酒、バターを混ぜただけのものです。

でも、この牛乳を一度沸かしたものを使わないと焼いている最中に生地が型から溢れ出てしまいます。一度沸かすことによって牛乳の持っているタンパク質が分解され吹き零れることがなくなるのです。

何故牛乳を沸かすのか、何故一晩寝かすのか、そういったことを理解しているかいないかではただ”沸かさなきゃいけない”としか覚えず意味がないと思うのです。

でもそれだけではなくて、やっぱり何故カヌレが作られるようになったかと言う歴史背景のようなものも理解して、お菓子を作りたい。出来ることならば。20100130135229

ひとつひとつのお菓子には歴史があって、物語があって、地方性があって、自分がそのお菓子を作るときにはそれを全部ひっくるめて作らなきゃな、と分かっていなければと思うのです。

だから河田さんの本を読んだ時に同じように彼も考えていて、滅茶苦茶痴がましいけれど今まで自分が考えてきたことは間違いではなかったんだな、って「それでいいんだよ」と背中を少しだけ押された気がしてとても嬉しかったのです(ノ_≦。)。

まだまだ足りない点、沢山沢山山積みで、出来なくてなかなか形にならなくて落ち込んだり怒られたりするけれど、聞こえていないのではなくて受け留めていないのでもなくて、形となって出てくるまでに人より少々時間がかかるだけ。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

もうすぐValentine(* ̄ー ̄*)!

チョコレートの甘い香りにくらくらしながら(@Д@;いろいろ試作して今年は2種類。

ひとつはトリュフ、マカロン、マンディアンの詰め合わせの箱物。

ひとつはハート型のしっとりガトーショコラ。

2月10日からお店に並びますので是非是非是非(o・ω・)ノ))

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

でもその横でまた地味菓子作成に精を出すさかながこっそりこっそり(≧m≦)

20100203211422 夜な夜なこんな本を読みつつ、フランスの昔の地方菓子を勉強しております。

フランス語たいして出来ないくせに(^-^;、お菓子のこととなると俄然理解出来てしまう不思議な理解能力をもつ私でございます。

今密かに作成中は「マカロンダミアン」

13世紀後半にフランス北部のピカルディー地方の古都、アミアンで作られ始めたマカロンです。

見た目は地味だけどねっちり、不思議な食感でこれまた美味しいのです。

そしてもうひとつはフランス北西部のロワレ県の古い小さな町、ピチヴィエで作られている「ピチヴィエグラッセ」。

「ピチヴィエ」と言うとパイ生地で作られたものが有名ですがこれはそのパイ生地よりも昔からある伝統的なピチヴィエ。しっとりとしたアーモンドの生地で出来ています。

その町に行き初めて見たときは「ちょっとださいな~」なんて思ったりもしたけれど、食べたらびっくりするくらい美味しくておかわりしました、このさかなが(≧∇≦)。

この本はフランスから持って帰ってくるの重くて大変だったけれどその価値はありんこ。20100203211445

挿絵もすてきなのです。

写真や絵のないルセットを読みなさい、と弟子達に教えていると河田さんの本に書いてあったけど、本当にそうだなと思う。

出来上がり図が分かってしまったら(それはそれで勿論大切なことだけど)それ以外の正解は見出せなくなってしまうもの。

このルセットでどういうものが出来上がるのかという想像をするということの大切さはこのフランスの本からも感じること。挿絵はあれどお菓子の出来上がり図はひとつもないの。。。

日々勉強です。

言ってくれたことが伝わっているということを伝えるには、「伝わっているよ!」と言う言葉ではなくて、形で態度で表していくしかないから、それしか出来ないさかなだけれどもそれでも見守っていて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.01

お知らせ

こんばんは=^ェ^=


定員になっておりました2月のお教室にキャンセルが出ましたのでお知らせいたします。

2月7日の日曜日、14時からの回に1名です。


2月は「温かいガトーショコラとまるごとノアゼット入りトリュフ」を作ります。


ご興味のある方は

0368070279

info@le-petit-poisson.com

までご連絡下さい。

宜しくお願い致します。

お待ちしております* ̄0 ̄)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »