« ぶたとさかなのつながり | トップページ | 手紙 »

2008.09.16

魔法のコトバ達

例えばもしも「魔法のコトバ」と言うものが存在するとするのならば、それを聞きたいとずっとずっと想っていた。自分が唱えることは出来ないと想っていたから。

でも君との魔法のコトバはもうずっと唱えていたのかも知れない。そしてそれはお互いに分かっていればそれだけでいい、そんな身近な当たり前なことだったのかも。

20080916000607 形だけで分かることも、「いつものです」と言えることも積み重ねてきた小さな歴史の中でのこと。

ありがとう。

言いたいことや伝えたいことがあるといつも命一杯に説明して、気持ちありったけに伝えようと頑張り過ぎるさかなに、「全部言わなくていいから」と言い続けてきた君、伝えたいことは言葉にしなくても時に伝わることがあると段々わかってきたよ、やっとね。

声に出して言わない、言わないでいる言葉があるんだ。

方向感覚がみんなびっくりするくらい無いかわりに多分神様にもらったものは記憶力だと言われるさかなだけど、「人間が唯一出来る他の動物と違うことは思い出すことだ」と言った君。

忘れて無くして、そして思い出すこと。。。。。20080916001801

忘れることが出来ないさかなはいつも全て覚えているよ。

でもその代わりに思い出せないのかもしれない。

それでもなんでも今日君といた時間は同じ渋谷の街を歩いていても、やっぱり全ての景色が違って見えるくらいで、全部を心にしっかりと焼き付けたんだ。

|

« ぶたとさかなのつながり | トップページ | 手紙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121640/42491060

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法のコトバ達:

« ぶたとさかなのつながり | トップページ | 手紙 »