« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008.08.31

大切な言葉

「未来は未来にあるのではない。 今、この時からしか、未来は生まれないのです。

将来、何かを成し遂げたいなら 今、やらなければならないのです。

人生に成功するか、それとも失敗するかの違いは、落ち込んだ時に、

それでも立ち上がろうと思えるかどうかの違いなのだ。」 

ケニアのワンガリ・マータイ博士の言葉です。

Line13_2   

このあいだ部屋の大掃除をしていたら昔パリで買ったノートが出てきて、まだ使ってないよな~と思ってページをめくっていたら1番最後のページにこの言葉がメモしてあった。

今の自分にとっても必要な言葉だったから少しびっくりして、そしてなんだか少し納得した。

自分を小さく評価することは簡単だけれども、それは単なる逃げでしかないんだ。

駄目だし、出来ないし、どうせ自分なんて、って言っている分には自分自身の弱いところと向き合うことから逃げているから、ある意味自分を楽なところに置いているだけなんだ。

駄目な自分も出来ない自分も、ひねくれる自分も全て受け留めて向き合って、変えていかなきゃいけないところは変えていって、いくら歳取ったっていつでも勉強だって思える素直さを忘れずにいて。

卑下することもしないけれど、おごらずに過大評価も過小評価もしないで、ありのままの自分を自分自身がちゃんと見てあげることが1番大切なことなんだろうな。

そのままの自分をしっかり見ることが出来たらまた伸びていくことが出来るんだと思う。

だって絶対に駄目じゃない自分が必ず自分の中にいるんだもん。。。。。

だから大丈夫。

Potipotil1

20080830211350

久し振りにクロッカンブッシュを作る機会があって、雨降ってて湿度凄くて、飴泣いちゃうし、飾りは溶けちゃうし途中出来るかな?焦って不安になったりもしたけど大丈夫だ!って自分に言い聞かせて作ったよ。

出来てよかった。。。。。喜んでもらえてよかった。

ただそれだけだよね。それだけが1番大切。

また明日も頑張ろうっと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.28

fight,fight,fight!!!!

どんな曇った空でも君の眼鏡を通すと透きとおって見えるって本当に不思議なんだ。20080828004924

どんな眼鏡持ってるの、いつも心のなかで問いかけるよ。

それでも自分に「そうやって」見えるかは自信が無くて分からないんだ。。。。

そして今、君が同じように空を見上げても同じ様に思えるかもさかなは知らないんだ。あの時のように同じ様に思えるかは。

20080828005033

眩しい、と思える景色を撮れるのも眩しい光の中でなければ思えないことなのかもしれない。

でも、だからそのひと時でも一瞬でもいいから同じ言葉を同じ空間をともに出来たのならそれだけでいいのかもしれない、

20080828005053

眩しくて、さかなには眩しすぎてちょっと、いやかなり苦手なことかもしれないけれど。

それでも眼を細めて、光が痛くても君のことだけはしっかり見ていたいんだ。

だから、静一杯のエールを送るから頑張ってね。2ヵ月後の君へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.21

彼女のワンピース

人の記憶って、そして君の記憶も、どれだけ曖昧で、自分にとってはとっても大事で大切な1場面であっても相手にとっては変わらないいつもと同じ流れる日常の毎日の時の中のひとつでしかないことであるということ。知りたくなかったし知ることを望んだことはないけれど、それでも悲しいけれど知ったよ。。。。。

20080821014440

ごまかしたい事も嘘を突き通したいことも、見なくていいと心に言い聞かせることで自分に背くことも沢山あるけれど。でもいつでもどこかでシャンとしていようと思う自分がいるんだ。

それでも心の本当の眼鏡は外せない。

守りたいものは何だろう?

本当に自分が守りたいものは誰でもない、弱い弱いさかなのちいさなこころなのかも知れない。

誰にも傷つけられたくないと頑なに拒む自分がいるよ。

さかなが自分自身でいられると心底思える時は働いている時だけ。

どうしてそんなにいつもいつも仕事しているの?と聞かれるけれど、そうじゃないと不安で立っていられない自分がいるからなんだ。

仕事をしている時は必要とされていることを感じることが出来るから。

誰かに求められたり必要とされないで存在することは結構難しい。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.18

どんな空でも

いつも、もうこれまで何回言ったか分からないけれど、やっぱりさかなはいつも空を見上げているよ。

どんな空でもそこに在ることを心から心底感謝しながら。

いつもいつも下を向きがちなさかなは、心して上を見ないと地面を見てばかりで。。。だからいつも外に出る時の足一歩目は同じタイミングで眼を上にって思うんだ。

今日はまた満月で、でも曇りがちな空は雲で月を覆っていてあんまりはっきりと見えなくて、弱っちいさかなは少し安心してほんの少し残念でした。

20080818014749

小さな街頭だけが見える工房から見える空がいつでも好きなさかなの光景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.15

okura

20080812162029

キュウリの横の野菜何だか分かりますか?

正解はオクラです。母方の田舎、静岡の峯で収穫したりっぱな野菜達です。

山の上の上なので辿り着くまでは少々大変ですが、空気も緑も空も水もすべて透き通っていて、すさんでいる自分の心に突き刺さります。

本当に綺麗なものや偉大なものを目の前にすると多分人はただただ感動することしか出来ないのだろうね。

小さな時から見慣れている風景だけれども、そこに変わらず在り続けていてくれていることを改めて感謝するんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.09

スイカ

山登り第二段ということで御岳山へ行ってきました。御岳山て東京都なのです、青梅市です。知らなかった。。。。。

立川から青梅線で御岳駅へ。そこからケーブル下までバスで行って、ゆっくりとマイペースで登ること約1時間で山頂へ。富士山に比べるとあっと言う間過ぎて少しあっけないくらい。。。。まぁ富士山は山登りとは言わず登山というらしいので、そこにはかなりの大きな違いがあるらしいので。

でもどんな小さな山でもやっぱり登るのは凄く気持ち良いし、汗だくになるのも動いている汗なら、かくこともいっぱいかけ~!っていう感じで顔真っ赤にしながら登りました。

20080804124114 展望台で玄米のおにぎりとゆで卵のお弁当を頂きました。滅茶苦茶美味しかった。

そして頂上を散策して湧き水を汲んで、この湧き水があまりに軟らかくて美味しくて沢山飲んで、綺麗な空気をいっぱい息吸って帰りました。

どんな時でも自分の足で動いていることを実感することは大切なんだね。山に登るって本当にただ単純で。

誰に対しても山の高さは変わらないから、そこにあるのはみんな同じ高さの山であって、自分の足で一歩ずつ歩いて自分の力で進むことでしか到着しないこと。

山を前にするとぐちゃぐちゃ考え過ぎな自分があほらしく思えてくるよ。

今度はご近所の高尾山に行きます。山登りにハマり中です。

Potipotil4

夏バテ、バテバテ子のさかなのもとに大切な大切なひとから大好きなスイカが届きました。Summer2

さかなが夏は苦手であんまり食べられなくてスイカが大切な主食源になることをよくよく知っていてくれているから。

ありがとう。どんなに遠くても届かなくても、それでもただ届けたい伝えたい気持ちだけはしっかりちゃんとここにあるから。

君が幸せで君らしくいてくれたら、と望むことしか出来ないけれど。ありがとう。

大切に食べるね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.02

今日の収穫は。。。。

20080802115531_2 暑い暑いこの猛暑の日々、ばてばてのさかなの心を癒してくれるもの。。。。。それはガーデニングのお野菜君達。

今日も立派に育ってくれたバジルと初めて赤くなった唐辛子を収穫しました。かわいい。。。。。そしておいしい。。。。。

やっぱり採れ立ては香りも味も違うし、それだけじゃなくて野菜の持っている酵素なども新鮮なうちに食べるのが1番!

Potipotil1

最近山づいているさかなですが、また月曜日に登ってきます。今回は富士山に比べたらもっと気軽な御岳山です。

朝早くから登って頂上でお弁当食べて下山して、という感じですかね。

山に登ることは自分と向き合うこと、とよく聞くけれど実際自分が登るとその意味が本当に分かる気がするよ。

Mstyle82

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »