« 今年初 | トップページ | こわれたとき。 »

2008.07.21

御来光へ

たとえば一生に一度やってみたいことリストを作ったとしたら、その中に書いてはいたけれど、自分が果たして出来るのだろうかと不安に思っていて機会もそんなにないし。。。。と漠然といつかね、と思っていたことだっんだ。

でもチャンスや機会はいつでも突然で、その時に乗るか乗らないかは、乗れる自分がいるかいないかで。

膝を痛めていたので(自転車で思いっきりこけたの。。。。情けな。。。。)前日まで悩んだけど、でもこの機会を逃したら多分一生あの時しなかったし、と逃げてしまいそうな自分がいることに気付いたらから逃げたくないっ!と行って参りました。富士山へ。

お昼過ぎに代官山へ集合してレンタカーしていざ富士宮方面へ!

と思いきや途中の足柄サービスエリアで足りないもの補充プラスお昼プラスぷらぷら。

20080713153407

サービスエリアの「メガカツカレー」なるものを美味しそうに食するシェフ・ドミニク。食べるバランス間違えて御飯だけが残ってしまい、散々考えた挙句「ルーのおかわり下さい」と言いに行き、めでたくおかわりをもらえて嬉しそうな図です。

さかなはその前でこれからの富士山に向けてということでカツどんを食べました。

梅干やお水を買ったり、デザートのハーゲンダッツをみんなで食べたり、お土産屋さんを見たり、と何だかんだ3時間も足柄サービスエリアにいたよ、びっくり。

夕方に富士山5合目に到着して、登山への準備をしたりまたお土産屋さんに行き、みんなで遊びまくって、軽く仮眠タイム。これからの長帳場へ向けて体力温存です。

22:00頃に起きて本格的に出発の準備をして、しっかりトイレに行き(トイレは富士山では有料なので重要ポイント!)いざ頂へ!!!!!

真っ暗な中歩くのは不思議な気分。ヘッドライトが照らす自分の足先目の前の道しか見えなくて、ちょっとでも余計なところを見たり考えたりすると足踏み外すしバランス崩すし。

今まで山登りと言えば中学生の時の高尾山が最後というさかな、体力に自信なくは無いけどやっぱり無いよ。。。。。

ゆっくり登ろう、とみんな遅くて駄目駄目なさかなに温かい言葉をかけてくれたり、上のシェフ・ドミニク、さすがサヴォア出身(フランスの山岳地帯)登山の経験をフルに活かしての的確なアドバイス、本当に彼がいなかったら絶対にみんな登頂できてはいなかったです。感謝!

長い長い道程と時間をかけて、富士山の頂上へただただ上へ上へと歩いていくこと。

何故登っているのだろうって自問自答することさえも考えないくらい無心になる時があるってこと。

登っている途中の降ってくるような星の綺麗さ、富士山の頂に着いて御来光を見たこと、下山する時の雲海の綺麗さ、全部全部とにかく一生覚えていようと思ったこと。20080714134023_2

|

« 今年初 | トップページ | こわれたとき。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121640/41920062

この記事へのトラックバック一覧です: 御来光へ:

« 今年初 | トップページ | こわれたとき。 »