« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008.07.30

元気!

20080729231324_2 最近少々落ち込んでいたさかなですが、元気です。

気合入れるためにやっぱりコックコートだよね、っと久し振りにコルドンのコックコートに腕を通しました。

タブリエ(腰エプロンのことです)絞めるとやっぱり気合入ります。仕事モード全開。

どんな時でも仕事に対して甘えたり甘んじたりいい加減なんかには絶対にしてこなかったけれど、それでもやっぱり新たな気合はいつでも大切だね。

自分の出来ることと、与えられたこの幸せな環境に常に感謝しながら決して奢ることなく、そしてぶれずにさかならしくあれたら、それだけで本当にそれだけでいいんだと思うこころを忘れずにいたいよ。

君が幸せで元気でいてくれたら、それだけで幸せだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.28

夏の空

20080728185334

工房の中に差し込んでくる光がとても明るかったから、外に出てみるときれいな夕焼け空だった。

沢山泣いたから沢山水分補給した。からだは正直。

暑くて夏バテして、体も頭もしっかりしない。

こころだけじゃ支えきれなくて、ひとり混乱。

それでもやっぱりきれいだと思える気持ちがあったから良かったと心底思った。

どんなに腫れている眼でもきれいに見えてよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.23

こわれたとき。

強くても弱くても、一緒にいてくれる人がどれだけでも大切な人達でも、それでもひとりで自分だけで向き合わなきゃいけなくて、自分で自分だけで乗り越えなきゃいけないことはあるんだ。

20080722232403

大切なオーブンの器具が壊れた時もそう。

治そうと思ってもそれはどうしても、「もとどうり」に戻ることは決してないように、一度壊れたり失くしたものはどう頑張ってもあの時のようにはならないんだ。

どれだけ辛くても悲しくても、今の自分が出来ることは変わらない事実を受け止めることだけなのかもしれない。

それでも、傷つくことに装備が出来ている丈夫な心を持ちたくない。失うことに不器用な自分のままでいたい。

「望みは望まないこと」と、さかなの好きな歌い手が書いていたよ。

今の自分からのすべてがスタートなんだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.21

御来光へ

たとえば一生に一度やってみたいことリストを作ったとしたら、その中に書いてはいたけれど、自分が果たして出来るのだろうかと不安に思っていて機会もそんなにないし。。。。と漠然といつかね、と思っていたことだっんだ。

でもチャンスや機会はいつでも突然で、その時に乗るか乗らないかは、乗れる自分がいるかいないかで。

膝を痛めていたので(自転車で思いっきりこけたの。。。。情けな。。。。)前日まで悩んだけど、でもこの機会を逃したら多分一生あの時しなかったし、と逃げてしまいそうな自分がいることに気付いたらから逃げたくないっ!と行って参りました。富士山へ。

お昼過ぎに代官山へ集合してレンタカーしていざ富士宮方面へ!

と思いきや途中の足柄サービスエリアで足りないもの補充プラスお昼プラスぷらぷら。

20080713153407

サービスエリアの「メガカツカレー」なるものを美味しそうに食するシェフ・ドミニク。食べるバランス間違えて御飯だけが残ってしまい、散々考えた挙句「ルーのおかわり下さい」と言いに行き、めでたくおかわりをもらえて嬉しそうな図です。

さかなはその前でこれからの富士山に向けてということでカツどんを食べました。

梅干やお水を買ったり、デザートのハーゲンダッツをみんなで食べたり、お土産屋さんを見たり、と何だかんだ3時間も足柄サービスエリアにいたよ、びっくり。

夕方に富士山5合目に到着して、登山への準備をしたりまたお土産屋さんに行き、みんなで遊びまくって、軽く仮眠タイム。これからの長帳場へ向けて体力温存です。

22:00頃に起きて本格的に出発の準備をして、しっかりトイレに行き(トイレは富士山では有料なので重要ポイント!)いざ頂へ!!!!!

真っ暗な中歩くのは不思議な気分。ヘッドライトが照らす自分の足先目の前の道しか見えなくて、ちょっとでも余計なところを見たり考えたりすると足踏み外すしバランス崩すし。

今まで山登りと言えば中学生の時の高尾山が最後というさかな、体力に自信なくは無いけどやっぱり無いよ。。。。。

ゆっくり登ろう、とみんな遅くて駄目駄目なさかなに温かい言葉をかけてくれたり、上のシェフ・ドミニク、さすがサヴォア出身(フランスの山岳地帯)登山の経験をフルに活かしての的確なアドバイス、本当に彼がいなかったら絶対にみんな登頂できてはいなかったです。感謝!

長い長い道程と時間をかけて、富士山の頂上へただただ上へ上へと歩いていくこと。

何故登っているのだろうって自問自答することさえも考えないくらい無心になる時があるってこと。

登っている途中の降ってくるような星の綺麗さ、富士山の頂に着いて御来光を見たこと、下山する時の雲海の綺麗さ、全部全部とにかく一生覚えていようと思ったこと。20080714134023_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.07

今年初

今年初と言えば、ふふふ・・・・パピコです!

スーパーで見かけて、「おう!そうだ、そろそろ季節ですな~」と手に取ったらビックリ!リニューアルしてた。。。。20080704122922

見えますかに?「美味しくなって新登場」の文字と「New」と書いてあるのが。

おお、そうかそうか、美味しくなってやってきたのね。

早速今年初のパピコさんいただきます。

20080704122953

大好きな白パピコさんです。

なんか若干前より色が濃くなった気がするけど。。。。

あっ味も濃くなってる!

む~あの味が薄いのがすきだったのに~。これじゃいっぱい食べられない。。。。悲しい。。。さかなの夏の必需品が。。。。でも、美味しかったけど。

懲りずに買ってみました。20080706151023 2番目に好きな茶パピコさん。

ん?これもNewになっている。。。。生チョコ仕立てって。。。。

あんまり凝らないでいれくれないかな。と言うことで(どういうこと?)買ったけどまだ食べていません。ぷんぷん。

お菓子屋さんなのにパピコが1番好きってどうなの?とよく言われてきたさかなですが、最近は「そんなに好きなら自分で作れ!」と言われています。作ってみようかな?

アイスの教室の時の為に研究しようっと。

Potipotil4

Heureux  anniversaire  mon petit

pas question d'oublier ta fete,  meme si un continent nous separe.

Bonne fete et grosses bises.

七夕の夜に願うことは、けっして自分のことなんて願えないよ。

隣にいる人、近くにいる人、遠くにいる人、大切な人達が幸せでいてくれればそれでいい。

その幸せに少しでも貢献出来たら1番の幸せだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.02

梅雨の晴れ間の今日

おっと大変大変、気付いたら7月にあっというまになっていた。。。。。時の流れだけは本当に誰にも平等だね。

さてさて、シュークリームなどのシュー生地は出来立て、クリーム絞りたてがやっぱり1番美味しいから(フランス風のシューはね、日本式のあのしっとりした感じも実は好き。。。)、なかなか作る機会が実はないお菓子。

20080623183830_2 でもやっぱり好き。

久し振りに作ったから嬉しくてシュークリームとエクレア(奥にいるのがエクレア未完成の図)両方作ったよ。

しっかりしっかり焼き切ってパキッと仕上げて、中にはチョコ苦手さかなが珍しく試作していたホワイトチョコレートのクリームを絞り入れて、早速みんなに配りまくり。。。。

帰宅したら四つ葉姉御が食べていたので「何のクリームか分かる?」と聞いたら「ホワイトチョコレートでしょ!」と即答でお返事が。

さすが姉御よ!一緒にやっていると甘い物嫌いだったあなたも分かるようになるのね!と感動していたら「さっきお母さんが言ってた」との一言が。。。。。そうよね。。。。でもあなたは明らかにさかなより味覚が鋭いので分かったのかと思ったよ。。。。。

小さいからって8個一気に食べて「おいしかったよ~」とメールくれる人。さかなのせいでメタボにならないか本気で心配です。

中のクリームは今回はホワイトチョコを使ったりしたけど、本当は1番シンプルにカスタードと生クリームを併せたクレーム・レジェールが好き。

エクレアはキャラメル・サレ味のクリームにしようと思いつつ、まだ未完成。ちょっと待ってね。

Potipotil4

大切な人へのお誕生日ケーキを頼まれると嬉しいのと反面とっても緊張する。20080630172624

どうかこの人の大切に思っている気持ちがちゃんとケーキからも伝わりますように。。。と祈りながら作っているけれど伝わってくれているかな~。どうか伝わっていますように。

Potipotil4_2

もうすぐ七夕。今年はどんな夜空を見上げるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »