« 秋 | トップページ | 言葉の大切さを »

2007.10.21

靴と豚と

071021_005450 たとえば、自分が何かを大切に思うとか大事にしたいと思う気持ちを持つことが、すごく単純で簡単なことだとしたらさかなはここに今いないと思うんだ。

たったひとつのことを選ぶのだとしても、それが些細なものだとしても、自分が本当に大切に思って選びたいと思うんだ。

選択をすることを簡単だと思ったことは今まで一度も無いよ。

四つ葉姉御とおそろいのこの靴を買ったときにも沢山のことを思ったんだ。だから喜んでくれたことは本当に嬉しかった。

ただそれだけなのかもしれないけれど、でもそういうたったその1つのためにさかなは答えを探して泳いでいくんだと思うよ。

いつだって大切なひとに伝えたいことはひとつで、伝えたい言葉もひとつなんだ。

でもそんな単純なことをうまく出来なくていつもひとり彷徨っているよ。

071021_005528_2

「幸福な要求ほど良心的なものがあるだろうか」

                    三木清

う~っむ、哲学的だの~。

|

« 秋 | トップページ | 言葉の大切さを »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121640/16823981

この記事へのトラックバック一覧です: 靴と豚と:

« 秋 | トップページ | 言葉の大切さを »