« ぐるぐるの心 | トップページ | 傘と台風とおだんご »

2007.08.22

時々不思議だと思う程自分は自分のことを分かりたくないくらい、必要のないくらい分かっていて、我ながらびっくりするんだ。

そんなことってないかな。。。。。。

たとえば、「たとえば」という問いをする、その言葉を使う自分が問いかけたいことを意味しているもの、その先にあるものは答えを出せなくてもがいている自分への問いかけ。

どれだけ弱かったらこの先に明るい未来が見えるのだろうか?

どれだけ傷ついたら、どれだけ馬鹿だったら、どれだけ望んだら、もう悲しい想いをしないですむのだろうか?

そんな独りよがりのかっこつけの言葉のあとには何もないんだ。だから願わくば誰にもそんな問いかけはせず1人で自問自答して消化したい。

070822_004017_5   

大好きなSavignacの月の絵。この絵が本当に大好きで初めて本物を観た時に嬉しくて何度も何度も繰り返し戻っては観たことを今でも想い出すよ。

横の写真はParisから見える月、それはさかなが見たことのないアパルトマンからの世界なんだ。

でもね、見たことのない景色を見たいと望むよりもこれから見る景色がどれだけ綺麗かを考えたいと思う。

それは何かはまだ分からないし、まだそんな強さを持てなくて葛藤するけど、それでもちゃんと毎日1日のどこかで必ず空を見上げる自分でいること。それが今の自分の出来る事なのかも知れないから。。。。。

|

« ぐるぐるの心 | トップページ | 傘と台風とおだんご »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121640/16197654

この記事へのトラックバック一覧です: :

« ぐるぐるの心 | トップページ | 傘と台風とおだんご »