« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007.08.22

時々不思議だと思う程自分は自分のことを分かりたくないくらい、必要のないくらい分かっていて、我ながらびっくりするんだ。

そんなことってないかな。。。。。。

たとえば、「たとえば」という問いをする、その言葉を使う自分が問いかけたいことを意味しているもの、その先にあるものは答えを出せなくてもがいている自分への問いかけ。

どれだけ弱かったらこの先に明るい未来が見えるのだろうか?

どれだけ傷ついたら、どれだけ馬鹿だったら、どれだけ望んだら、もう悲しい想いをしないですむのだろうか?

そんな独りよがりのかっこつけの言葉のあとには何もないんだ。だから願わくば誰にもそんな問いかけはせず1人で自問自答して消化したい。

070822_004017_5   

大好きなSavignacの月の絵。この絵が本当に大好きで初めて本物を観た時に嬉しくて何度も何度も繰り返し戻っては観たことを今でも想い出すよ。

横の写真はParisから見える月、それはさかなが見たことのないアパルトマンからの世界なんだ。

でもね、見たことのない景色を見たいと望むよりもこれから見る景色がどれだけ綺麗かを考えたいと思う。

それは何かはまだ分からないし、まだそんな強さを持てなくて葛藤するけど、それでもちゃんと毎日1日のどこかで必ず空を見上げる自分でいること。それが今の自分の出来る事なのかも知れないから。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.19

ぐるぐるの心

070817_151342_2

夏も真っ盛りを向かえて暑い暑い暑~い日はさかなをしっかり参らせているけれど、ベランダー達は元気一杯に育っています。

バジルと紫蘇は日が当たりすぎるとあまり良くないと書いてあったのですが当たりまくりでもへっちゃらなくらいモリモリです。ありがと。

朝1番に外に出て日光を浴びると体にも心にも良いらしく、水をあげて葉っぱとかをちょっと摘まんだりする時間は数少ない癒しの一瞬です。

1週間の夏休み。東京湾と多摩川の2回も大人な花火大会に参加することが出来たし(注:大人な花火大会とは現地で見るけどインサイドで涼しく優雅に見れる花火大会のことです。by勝手に名付けたさかなより)、四つ葉姉御と愛しきしゅんしゅんと箱根でののんびり温泉。夏の温泉ってかなりよい、はまりそうです。

NY姉御とは近所の成城温泉と言う名の健康ランド系に行き、まったり。

もう歳なのでお休みはアクティブに活動するよりもまったりするのが1番。それでもさかなにしてはかなり活動的に動いていたと思われまする。

今日からしっかりまた仕事開始。少し不思議な気分。でもお休みしていてもそれでもやっぱり心はいつもなんだかんだ言ってもお菓子のことから離れなく、頭のどこかで必ず気にしていたよ。そういうものなんだね。安心すると同時に何だか納得。

070818_004603

夏休みの読書1弾。おそろいが好きなんだ。同じ本を読んで欲しくてわかって欲しくて自分の分と君の分をいつも買うよ。

「檸檬」不思議で面白い。へんてこりんなマニアックな目線が君と同じな気がしたんだ。

それでも心はぐるぐる。ぐるぐるひとり空回り。

好きってなんだ?そんな姉御の問いかけにさかなは分からなかったんだ。

好きってなんなんだろう?ずっと頭にその言葉がぐるぐる回っている。1番簡単なはずで多分今のさかなには1番遠くて難しいこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.06

すいか、すいか。

070806_000413 遠いところから、かなり大きくて立派な西瓜が2個も届いた今日。

1人で食べきれるかな~っとちょっと思ったけれど多分楽勝で皮も調理したりしてあっというまに食べきっちゃうんだろうな。

前にテレビでやっていた法則に則って切ると種が入らないで切れるらしい。。。。というのに挑戦してみたいのだけど種も体に良いらしく、食べちゃえ!(西瓜が頭から生えてこないことを祈りつつ)

立派過ぎて包丁を入れるのが少し勿体無くて、このまま明日まで飾っておこう。

これから主食西瓜でもりもり夏バテに打ち勝たなきゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »