« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007.06.22

my favorite things

070618_133003_2  我が家のベランダーのプチトマト、実がなり始めてたくさん青い実が次から次へ。

とっても日当たりのいい家のベランダ、すくすくすべてのハーブ達が育っています。

070620_033252 ついでに梅酒もつけてみました。ブランデー漬け。

梅酒、おいしいけどちょっと甘過ぎなのがネックだったので、それなら自分で自分好みの甘さ控えめ梅酒を作ってみよう!と作成。

さかなのお誕生日のころに飲み始められる予定。

楽しみ楽しみ。

070622_020953

さかなの好きなものセレクション。さすが好みをよく分かっていらっしゃる。

本当はここにプラスたくさんの立派なお焼きがいるの。でもお焼きは今冷凍庫。

今日もしっかり暑かった~。もうこれ以上暑くなったら溶けちゃうよ。。。。。。

でもそんなすっごく暑い日に昼間っからシャンパンを飲んで(しかもボトルでね、へへへ)少し涼しくなってくる夕方までテラスでお話ししてるのは、それまた良しだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.18

the answer

いつも「たわごと」ばかり書いていてあまりお菓子の話が出てこない最近の日記ですが、毎日いつもさかなのほっとする匂いの中で、大好きな大切な粉とバターと卵達と奮闘しています。

最近あまりにも無頓着過ぎて粉をほっぺにつけたまま外出して、「どこまで自然児?」と言われて以来少し自分の外見も気にするようになりました(遅いかな?。。。。。。)。

そしてつい最近フランス語を喋る機会があり、全く聞き取れず喋れない自分に落ち込みました。でもね、それがきっかけでまたブラッシュアップ&更なる向上になるって思うんだ!前向き前向き。てへっ。

さてさて、さかな、アメリカに住んでいた頃、NBAが大好きで、しかもその頃は丁度伝説のマイケル・ジョーダンとマジック・ジョンソンの対決があった頃。

四つ葉姉御とはまることはまること。NBA黄金時代と呼ばれた最高の時期にCHICAGOのすぐ側で青春時代と過ごしたさかなにとってはNBAは今でもちょっと特別な存在です。

アメリカから帰ってきた後、そんなに観る事が無かったプレイオフ、一度だけ滅茶苦茶熱心に観たのは2001年の「Philadelphia76ers」VS「LA Lakers」の試合。

ただ1人ひたすら一生懸命頑張る何故か孤独な「Philadelphia76ers」のAllen Iverson の姿に心を奪われたのです。

試合はどう頑張っても何故か「LA Lakers」優勢で。でも頑張って歯を食いしばってポイントを決めるAllen Iversonの姿はどうしても目が離せなくて。。。。。

彼はちょびっと独りよがりで、あんまりコーチや周りのチームメイトとうまくやれないタイプ。

でもね、2m強のオニールに向かっていく173㎝の彼の姿は、さかなには凄く衝撃的だったし、とっても勇気付けられたよ。

心意気なんだって。

さかな、Parisにいた時、何もなくて、自信も無くて、でもただ言えたことは自分が出来ることはこれだ!っていうことなだけ。

でも彼を思い出すとそれでいいんだよね、ってそれが答えなんだよね、って思うよ。

そしてそれを揺るがずにしっかりと掴んで自信としていくことが、さかながしっかりとこの手で掴んでいける未来に繋がるんだろうなって思うよ、今は。

P.S   Clara姫含め、沢山の方から叔母さんになったさかなへのお祝いの言葉を頂きました。

本当にありがとうございます。泣きそうです。

目茶目茶可愛くて、何しても可愛くて。ただただにやけてばかりの叔母バカのさかなです。

この場所を借りて皆様へ感謝の言葉と叔母バカ振りを温かく見守って下さっていることに心からお礼を言いたいと思います。

本当にありがとうございます。これからも叔母バカ振りを発揮してしまうと思いますがよろしくお願いします。ぺこり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.15

かわっていくこと

そう、かわっていくことって沢山あって良いも悪いもまたそれぞれ沢山あって。。。。。。070615_054101_1

例えば気付かないことっていっぱいあって。

でも日々全てかわっていっていて、それが昨日買って来たプラムが赤く色づいていることだったり、小さかったトマトの実が大きくなっていることだったり。

そして、それは小さな命が大きくただただ大きく育っていくことだったり。

その事実は自分の毎日よりも大きく、そして現実として自分に問いかけるよ。ここにいること。

小さな手、結んだ小さな手、そこには人生という希望を大切に握っていると、そして人はその手を開いた瞬間からその離した人生と言う未来ををもう一度掴むために生きていくのだと。

そんなことをちいさな、でも何よりも大きな命を前に思うよ。

大切にしていた傘が壊れた時、さかなが思ったことが時間の経過。そしてその時間のもたらしてくれた大切な想いと過ぎていった沢山の想い。

たったひとつの傘だけど、それはさかなの過ぎていった全てを表しているよ。

例えば、と言った時に、そうだね、と言ってくれる力強い言葉は強いよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.08

メロメロです

四つ葉姉御のどん介がこの世に誕生して早1週間。晴れて叔母ちゃんになったさかな、もうメロメロでメロメロです。

どん介が何をしても可愛くて動いただけでみんな「わー凄い動いた!わー泣いた!」もう存在しているだけで誉められるし、いやでもそれだけで、ただただひたすら叔母さかなは嬉しいっす。もう見てるだけで涙が。。。。。。

070607_192602

足がこんなちっこいの。でもいっぱいおっぱい飲んでいっぱい寝ていっぱいうんちして、日々大きくなっているどんどんを見ていると本当に心から幸せです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »