« ベランダー | トップページ | このおおきな背中 »

2007.05.22

また、という一言。

先日、パパさんの定年退職祝いということで人生2度目のお相撲観戦に行って来ました。

初めて行ったのは去年の丁度今頃。初めて行く両国国技館にワクワクしながら、そして現役のお相撲さんよりも今はもう既に親方の千代の富士と寺尾を見てさかな誰よりもはしゃいでいたっけな~。

でも1番の見所である横綱、朝青龍がその日から怪我で欠場してしまってちょっともの足りなく、またあんまり美味しくないお弁当とかおつまみとか食べ過ぎてちゃんこが食べられなかったこともかなりの心残り。

と、いうことでリベンジするべく席は前回よりもかなり前のほう。朝青龍もちゃんと大丈夫。そしてみんな観戦中はお茶!という徹底振りで挑みました。070517_160525

携帯で撮ったからかなり見難いけれど盛り上がっているのは分かっていただけるかと。。。。。。

3日目だったので番狂わせ?と言うような展開もなく大物は白星で快勝していました。

スポーツは何でもそうだけどやっぱり生で観ると、どんなものでも気合とか気迫を感じてすごいなって思う。070517_160539_1

見入っている、盛り上がっているパパさんの図。

このあとお約束のちゃんこを食べに行き、塩ちゃんこ、味噌ちゃんとと食べ、美味しかった~。やっぱり王道っていいよね。満足満足。

Autumnl10

夢が叶うって幸せなことだけど、叶ってしまうとちょっと寂しくなってしまったりもする。なんて贅沢なことかな?

先週の土曜日にさかながいつか行けたらいいなっとずっと夢に描いていたレストランに行ってきました。

070522_023055

そう、白金にある「コートドール」。この本の著者の斉須さんのお店です。

彼のもう1つの有名な本「調理場という戦場」をフランスにいた時に読んで以来、さかなのいつか行けたらの夢のレストランでした。

そして一緒に行きたいと思っていた人と一緒に行けるって本当にすごい。

でも気合入れすぎて、緊張しすぎて、完璧を目指しすぎて、余裕たっぷりだったのに遅刻した。。。。。。さかな沈没。。。。。怒られた。。。。。

でもあまりのへこみ方に逆に慰められ、フォロー入れられました。

さて、気を取り直していざお店へ。ちょっと分かりにくい場所で、やや迷う。でも発見。

さぁ行くぞ~とお店のドアを開ける前にお店の人がドアを開けてくれてウェルカム。さすが一流店。

席に通されて、まず食前酒。さかな緊張でのどカラカラだったのでおちゃれにシャンパンを。

そしてメニューを見て2人考えること10分。本読んで予習しすぎていてどれも美味しそうで外せなくて悩む悩む。

さかなは前菜とメインの2皿で、前菜に穴子のテリーヌ、メインに牛シッポの煮込みを頂ました。

相方のぶ~さんは3皿で前菜に野菜のエチュべ、メインにエイのクールブイヨン煮、と子羊のローストを。

アミューズに有名な赤ピーマンのムースが出てきて感動。メニューに載ってないなと思っていたらアミューズで出てきました。おいしいの一言。

見た目よりもこってりクリーミー。でもソースのトマトが青っぽくて、絶妙でした。って美食評論家かって自分を突っ込みたくなるので料理の説明はここまで。

ワインもとっても美味しくてサービスも最高で(こういうお店の人達って本当に気配というか自分というか個性を消すんだな~と)2人でいっぱい話しながら本当に幸せな時間。

デザートはさかなが気になるもの全部頼んでいいよ、と言うので3皿。

バナナとキャラメルのモンブランとココナッツのブランマンジェ、チョコレートのマルキーズ。

夢が叶うのはとっても嬉しくて、でもちょっと寂しくなるけど、「また来ようね。」の一言がまた夢になるんだ。

食べたいもの盛り沢山で、でも素敵なお値段だからそう気軽には簡単に来れないけれど、またいつかの楽しみが出来たよ。

|

« ベランダー | トップページ | このおおきな背中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121640/15160388

この記事へのトラックバック一覧です: また、という一言。:

» ちゃんこダイニング若 [ちゃんこ関連情報サイト]
ちゃんこについて [続きを読む]

受信: 2007.05.22 17時31分

« ベランダー | トップページ | このおおきな背中 »