« je me demade | トップページ | おにぎり »

2007.03.03

大切なひとたちへ

もうすぐさかなの大切なパパさかなの最後の講義の日。070303_025808

この大イベントに向けて沢山のお菓子を仕込むと同時に沢山の思いがさかなのこころによぎるよ。

いろんな沢山のことを教えてくれ、NY姉御、四つ葉姉御、そしてさかなの芯となる部分を作ってくれたパパさかな。

どれだけ言っても言い尽くせないけれど、「ありがとう」と「お疲れ様」を伝えられたらと思うよ。

そんなパパさかなの教えのなかでさかなが1番影響を受けたもの、それは詩かもしれないと思う。

アメリカにいた頃、L. Hugues の「I too, am America」を読んで感動したことをパパさかなに伝えたとき、とても喜んでくれたこと。さかなのなかですごく大きな支えになって嬉しかったんだよ。

それからも沢山の詩に出会い、長田弘さんの詩に大好きな友達を通して出会えてもの凄い感動して読みまくって読みまくった。

そして今、またひとつの大切な詩に大切な人を通して出会うことが出来たことが、こころの底から嬉しいと思う。

070303_025834 それはさかなの大切なひとが大好きな四つ葉姉御とむぅさんのために選んでくれたもの。

この詩を読んだとき、さかなはそのひとの手を勝手に握りながら泣いてしまったよ。

彼の撮ってくれた写真と一緒に。

そこに大好きな人達の輝かしいまでの笑顔があったから。070303_033837

070303_025755_1 「dites oui」 君にいつか言えるように。

。。。。。。。。。。

二人が睦まじくいるためには

愚かでいるほうがいい

立派すぎないほうがいい

立派すぎることは

長持ちしないことだと気付いているほうがいい

完璧を目指さないほうがいい

完璧なんて不自然なことだと

うそぶいているほうがいい

二人のうちどちらかが

ふざけているほうがいい

ずっこけているほうがいい

互いに非難することがあっても

非難できる資格が自分にあったかどうか

あとで

疑わしくなるほうがいい

正しいことを言うときは

相手を傷つけやすいものだと

気付いているほうがいい

立派でありたいとか

正しくありたいとかいう

無理な緊張には

色目を使わず

ゆったり ゆたかに

光を浴びているほうがいい

健康に風に吹かれながら

生きていることのなつかしさに

ふと胸が熱くなる

そんな日があってもいい

そして

なぜその胸が熱くなるのか

黙っていても 

二人にはわかるものであってほしい

。。。。。。。。。。。

吉野弘

|

« je me demade | トップページ | おにぎり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121640/14111186

この記事へのトラックバック一覧です: 大切なひとたちへ:

« je me demade | トップページ | おにぎり »