« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007.02.24

je me demade

人にはたくさんのことがあって、たくさんの想いがあって、その人じゃなきゃ分からないこともたくさんあるよ。

でもどうかその少しでもこぼれそうな手から、上手には出来なくても不器用な形でも無様な形でもいいから受け止めれる存在でありたいと心の底から願うよ。

自分には何の力も無くて何も言えない、出来ないけれど、それでもその人のことを想う力だけは静一杯あると思うから。

こんなさかなだけど。

かっこつけじゃなくて、なんで人生を生きているのかを考えてみたときに、これだけはって思えるってこと、なんだろう。

そんな風に考えた時、さかなは1つだけは声を大にして言えるよって思った。

誰かを心底好きだと、命懸けて思ったって思えたら幸せだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.22

大切な

アップルパイ、一生懸命作ったよ。ちょっと前にね。

070210_224616

こういう昔ながらって感じのアップルパイ作ったのすごい久し振りだったな。

下に敷くアップルジャムと上に載せるシャキシャキ感を残した林檎のコンポートの二層という設定。

長時間の移動にも耐えられるよう水分が出ないようにケーキクラムを敷いたりもした。

頑張っちゃった。美味しかったといいな。。。。。。

もう林檎の季節も終わっちゃったね。寂しい。。。。。。

冬も終わりかな。冬好きのさかなとしては何だか今年の冬は過ごしやすすぎていまいち冬を実感していていない気がして、ちょっと物足りないぞ。う~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.21

松さんインフルーエンス

070220_000741_1 この間の日曜日に念願の「ひばり」観てきました。

一生懸命探して得たチケット、D席とかなり近いところで観ることが出来ました。

コクーンは思っていたよりも小さかったので想像していたよりもさらに近くて迫力と臨場感満点で、役者さんたちの息遣いが聞こえてくるほどでした。

初めてみた蜷川演出の作品、そして松たか子の演技、本当に素晴らしくて、3時間半という長い時間があっという間に経ってしまいました。

彼女は本当に輝いていて圧倒されました。鳥肌が立つほど感動しました。ファンクラブ入ろうか真剣に考えるほど。

観終わったあと、あまりの感動に拍手が鳴り響く劇場の中で涙が出てしまいました。

何度も何度も挨拶に現れてくれる出演者達に満席の会場から(立ち見の人も沢山いました)鳴り止まない拍手がずっと響いていました。

いい作品を観ることって本当に人の心を満たすよね、と実感。

これからも沢山いい作品を、演劇に限らずいろんな舞台を観て行こうと心に決めた1日でした。舞台貯金しようっと。

あまりに集中して観ていたので喉もカラカラでお腹も空き空きで、何を食べようかいろいろ考えた結果知り合いの人が最近Chefとして移動してきたというお店へ。

最後に挨拶して帰ろうねって言っていたのにすぐにばれちゃって、サービスして貰っちゃって帰りに沢山パンも頂いちゃって、ありがとうでした。ご馳走様でした。

沢山お菓子の注文を頂いていて頑張らなきゃいけないさかな。松さん観たら負けてられないぞって、さかなもしっかり自分の仕事していっぱい輝くぞって思ったんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.16

おやき

ルプチとしてのメインイベント、クリスマスに次いでの第2弾「バレンタイン」も大盛況で無事終わりほっと一息です。

どうしたらいいのか分からないことだらけの中、家族に支えられ、四つ葉姉御と共に手を取り合って、ぶつかったり一緒に喜んだりしてここまで成長してきたルプチ。

でも本当に何かある事に改善され磨きがかかってどんどん良くなっていっているのが目に見えて分かって(自分で言うのもなんだけど。。。。。。)これからも益々頑張っていこうという気持ちに拍車がかかるのです。

みんなありがとう。

さて、ちょっと一息ついて今日は久し振りに映画を観ました。

仕込みが終わって全部寝る準備して、ワインか焼酎かRicard片手に観る深夜からの1人まったり映画、さかなの大好きなリラックスの時間です。(次の日がちょっと辛いのが難点だけど)

今日は10年位前の映画「Truman show」を観ました。070216_012539

生まれてきた瞬間からずっとテレビに番組として24時間人生を撮り続けられている1人の男性の話。彼の周りの人は全てエキストラ、彼の生活している街はハリウッドの中に作られた巨大なセット。世界中の人が彼のことを知っていて彼の毎日をテレビ越しに観ている。

その事実を彼だけが知らない。

でもそんなある日、なんだか全てがおかしいことに段々気付いていき、その事実を突き止めようとする彼。

それを見守るテレビ越しのファン達、そして生まれてきた瞬間からひと時も目を離さず彼を撮り続けてきたプロデューサー。

とうとう彼がセットの端っこにぶつかり、自分が本当にセットの中にいたこと認識し「出口」を見つけてドアを開けた時、プロデューサーは必死に外の世界に出ることを止める。

「この世界の中にいれば安全だ。お前だって本当は出て行くことが恐いんだろう?」って。

でも彼はにっこり笑って外の世界に出て行く。

誰だって恐いよね、新しい世界や新しい出会い、今まで慣れ親しんだ世界の方が居心地いいと思ってしまう。

でもその一歩を踏み出さなければ、そのドアを開けなければ、始まらないことも沢山あるんだ。ってこの映画を観て思ったよ。

さかなもTrumanのように笑って新しいドアの向こうに行ける力を持っていたいと思う。

070216_012619 ものすごい立派なおやきをもらったよ。

おやき博士のさかなとしてはたまりません。ずっしり重くて、皮は地粉の味がして中はぎっしりつまっていて(ちなみにこれは茄子バージョン)。

1個食べたら他のものはもう食べられないくらいのボリュームだよ。

大満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.07

昨日と今日と明日と

この間新聞に載っていた詩を書き留めておいて毎日みている。

最初読んだ時あまりよく分からなくて、ピンとこなくて、でも何だか書き留めておきたくて。

家に帰ってから紙に書き直して壁に貼っていたら、ふとした時に何回も読んでいて、そうしたら毎日何だか少しずつ自分の中に入ってきた気がするよ。

いろんなことがそうなんだろうな、って思う。

最初は分からなかったり、しっくりいかなかったり、同調出来なかったり、でも昨日、今日と明日と少しずつ変わっていくんだろうな。ちゃんとそういったことを気付ける自分でいたい。

「暗い空へ耐へる やさしさのために 

凍った風の中の 希望のために

梢に拡がる 空にむかって 鳥を放とう」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.05

温泉

さかな初の社員(shine!)旅行へ!070202_105712

温泉って本当に気持ちいいですな~。大好き!そこから調子にのって四つ葉姉御と一緒にNY姉御に電話したらものすごく心底いいな~と言っていました。ごめん。。。。。(帰国したら絶対に3人+αで行こうね、約束。)

今日は沢山の嬉しい沢山のバレンタインの仕込みに励みました。

そして夜は凄い久し振りに池ノ上にある中華料理屋さんへ。ここは凄い美味しくて昔よく来ていたところ。いまも変わらず美味しくて嬉しくなりました。

1人御飯にも最適でがんす。今日は腸詰、ピータン、ターツァイ炒め、豚足、角煮、もう1個別の青菜炒め(これもまた珍しい中国の野菜でした)、炒飯、鶏蕎麦、と盛り盛り盛り沢山と紹興酒で大満足&腹一杯のさかなでした。なんせ飲兵衛なので。。。。。てへ。

自転車でシャーと行ける近い場所、もしくは家の近くで行ける美味しくて落ち着いて食べれて飲むことを出来る場所を探しているのですが、なんせ内弁慶のさかな、1人でなかなか行けなくて。。。。。

さかながこころの底から力一杯願うことは沢山の笑顔を見ていられること。だから今日もありがとうって思うよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »