« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007.01.30

チョコレート

こないだ四つ葉姉御と一緒に「salon de chocolat」に行って来ました。お勉強お勉強と思って見に行きましたが人に圧倒されてちょびっと見て退散してしまいました。

日本人のパワーは凄いな~と実感。Parisで行った時には感じなかった熱気、向こうはみんなもっとのほほ~んとしながら楽しんで見ていたりしていたけど。

ル・ルーさんのブースはもう凄い人だかり。日本初登場のチョコレート屋さんは昼間の時点で完売してました。

エルメとエヴァンのマカロンを買って(いつでも買えるものを買っちゃった)バレンタインのルプチのマカロンの参考に。

やっぱり美味しいよに。特にピエール・エルメのパッションフルーツのマカロンは好きです。チョコレートの濃厚な味とパッションフルーツの酸味がおいしい組み合わせ。

アウトプットできるためには自分にインプットしていないと駄目なんだよね。

最近その引き出しが空っぽになっている気がして、何もないところからは何も出てこないことを実感。

もっともっと勉強してお菓子のことはもちろん、絵や映画、本を読んだり、外を歩いたり、沢山のものをいつも吸収できる目をもって引き出しを満たしていきたいよ。

070130_015333

ブタのストラップ。元気の素、ビタミン剤と一緒に入っていた。

いっぱい考えて、ひとは相手にものをあげるんだね。ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.29

手袋

とってもいいお天気だったので近くの有名なカレー屋さん「Spice」でお昼を食べて今日も自転車に乗って渋谷まで。

四つ葉姉御のどうやらさかながいつも走っているルートは渋谷まで遠回りをしているのではないか?という疑問に答えるべく別のルートを検索してみました。

そうしたらもっと近道を発見!あるじゃん。

今まで幡ヶ谷から大山の交差点を越えて東北沢→代々木上原→駒場東大前→松涛→渋谷、という道程だったのですが、今回発見したのは幡ヶ谷→代々木上原→代々木八幡→裏道ずっと真っ直ぐ(多分名前的には神山とかその辺り)を通って渋谷へ。

10分くらい短縮されました。ただ1つの難点は帰りに長い上りの坂道があること。それ以外は道沿いに楽しい雑貨屋さんやインテリアショップもあるし車通りも激しくないし殆ど真っ直ぐの道だし、といいことだらけ。さよならまんぷく寿司。。。。。。

そんなさかなの必需品。手袋。今日念願の手袋ゲットしました。070129_001207_1

やっぱり指先あかないとね。イエイ!070129_001235 

へんてこな笑顔が可愛くてついつい。。。。。

ある通りすがりの雑貨屋さんでこの王様のカエルに運命の出会いをした070128_173440私達。

キキィーと自転車を止めて思わず「すっごいかっこいい!」と叫ぶ大人2人。

そして大人買いでゲットされて(さかなは残念ながら持ち主になれなかったけど。。。。。)一緒にマゴでお茶するカエル様。ひたすらかっこいいです。結構大きいの。

ついでにそこにいたバンビも070128_173750_1。とっても頼りなげにジャンプしながら前に動くの。

これはバンビ好きの人へのプレゼントとして購入されていました。

いいお天気で楽しい1日。満タンに充電されたさかなでした。

これからバレンタインにむけてみんなの幸せを祈って頑張るぞ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.26

もうすぐ

バレンタイン!

ルプチからのご報告です!

想いを届けるバレンタインギフト承り中 
フランス帰りのパティシエが一つ一つ手作りしたマカロンで、
チョコレートとは一味違うあなたの想いを届けませんか。

Macaron5 http://www.le-petit-poisson.com/
お届けは、ご注文受付(ご入金確認)より5日間前後いただきます。Macron6


賞味期限:5日間
原材料: 卵、アーモンドパウダー、砂糖、マジパン、バター、色素、チョコレート、バニラ、、フランボワーズ
5個入り 1,050円
6個入り 1,260円
その他ギフトセットも承ります。

ご注文はHPにて。
Le Petit Poisson  ルプティポワソン
Amane Honjo  本庄周
Tel・Fax 03-3444-7379
Mobile  090-8803-0332
Mailto  
amane0121@aol.com
URL      www.le-petit-poisson.com
バランス。

Le Petit Poissonのマカロンで日頃お世話になっている方に大切な想いを。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.23

自慢の一品

「il fait beau aujourd'hui」 今日はいい天気。070123_024319

そんな風にいえる毎日でいたいと思います。

大好きな月の笑顔と大切な月球儀の前にそんな絵葉書を置いてみたよ。

その前には沢山のフィナンシェ達。大好きなフィナンシェ。さかなのフィナンシェ、自慢じゃないけど見た目はシンプルでさかな並にあまりいけてないけど味はばっちり。食べて貰えば分かってもらえると自慢の一品。

そんな素朴な見た目がさかなの心を掴んで離さないいとおしい焼き菓子一軍達の仲間入り。

どんな毎日でも自分の捉えようなんだよね、と話していた昨日。転んだとしても転んだだけですんだと思うのか転んだことを悔やむのか、その捉え方で変わるよね、とさかなが思っていたけれどうまく言葉に出来なかったことをすんなり言いたかった言葉で表現してくれたよ。ありがとう。

一緒に時間を過ごす、それって当たり前に思うけど1番さかなにとって難しいと、人にとって1番の課題だと思うこと、そして1番大切なこと。

全身全霊で耳を傾け受け入れ、理解しようと思う気持ち。いとおしいと思うよ、その空間全てが。

070123_024300_1

今日もここにもさかなが。

ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.22

poisson

ちょっと久し振りに自転車に乗って渋谷まで行ったら意外にツラくて悲しくなりました。さかなのお家から渋谷までは自転車で15~20分程度の距離(でも相当猛スピードで走っていると言われておりますが。。。。。。)いつもなら余裕なのに今日は何だか途中でまだここか・・・と思ってしまいました。070122_011735_1

うにゃ~。

歳なのか疲れなのか体がなまっているのか、何にせよブラッシュアップ!しなきゃ、とつくづく感じるさかなです。070122_011714

がお~。

最近「in the soup」という映画を観ました。これは1992年の映画なので結構昔ですね。この中に出てくる俳優人がみんな素晴らしくて、特におじさん役の俳優さんが切ないくらいに明るくておおらかで元気ででっぷりしていて。

彼が駐車場で踊る場面は、その彼の口にする台詞全てを物語っているような気がしました。

in the soup=どつぼにはまる、という意味らしいのですが、脚本家を目指している1人のうだつの上がらない男性が、ある日お金に困って新聞広告に「自分の脚本を売ります」という記事を載せたことによって不思議なおじさんと出会い、いろんな事件に巻き込まれていくという正に、どつぼにはまっていく、でもそれは事件にではなくこのおじさんになのかも知れないと思いました。

まだ若いジム・ジャーミッシュがちょびっとだけ端役で出ていたりして、なかなか面白い映画だと思いました。

070122_011632_1     

さかなのまわりにはさかながいっぱい。ありがと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.16

ある愛の詩

12月の慌ただしかった忙しさに比べるとゆっくりな滑り出しの1月です。

それでも巷ではもうすっかりバレンタインムード満点なのにびっくりです。でもそうだよね、商売は常に先を見て行動しなきゃ!。ってな訳で四つ葉姉御と今年のバレンタインに向けて戦略を練り練り中です。

先日四つ葉姉御と一緒に川崎大師へ厄除けのお参りに行ってきました。さかな今年前厄なのです。(わぉ!自分でびっくりしましたよ)

そんなに特に信心深いわけではないのですが災いは無いに越したことはないので。。。。。でも今年1番に引いたおみくじが「凶」だったのにはかなり落ちました。。。。。しかも姉御の追い討ちをかけるかのような「お正月って少なくしてるらしいよ、凶」という言葉。引いたおいらはどうなの?当たりってことかい!と突っ込みたくなるほどの散々な言われようの内容でした。

おみくじとかって凶とかでも少しは救いようがあったりこれから先頑張ればいいことあるよ、そんなことが書いてあることが多いと言われるなか、さかなの凶のおみくじは全否定でした。。。。。

仕事運:無謀な野望でまわりに迷惑をかける、とか待ち人:来ず、ってそんな~という内容でした。

半べそで川崎大師の木に結んできました。せめてもの救いはそれが厄除けの前だったということ。そんな厄も全て払えたことを祈っているさかなです。クスン。

そんなさかな、ちょっと前に不朽の名作「LoveStory」を観ました。ずっと昔にNY姉御と一緒に観た思い出があるのですが、大人になってから観るとまた思うところが沢山あって泣いちゃいました。

Sn340172_1 今観るとなんてベタなお話しと思うかも知れないけれど、これがこういうこてこてのラブストーリーの原点なんだろうなと思います。

お金持ちの家の白人の息子と貧しい家のヒスパニック系の娘。

2人は愛し合うのだけど彼の家は認めず、彼は家を捨てて彼女と共に生きていくことを選び結婚、でも貧しくて苦しい日々を送る毎日。

それでも夢と希望を捨てずに頑張って彼は立派な弁護士になり豪華な家も手に入れた矢先に彼女の白血病が発覚。

短い生涯、彼女は彼を愛したことを幸せに思い、謝る彼に一言 「Love means never having to say you're sorry」 と言うのです。

(どう訳すとうまく伝わるのか分からないのですが映画では「愛は決して後悔しないこと」と訳されていました。)

そしてそれは彼が最後に認めなかった父親が「残念だ」と言ったときにいう台詞でした。

愛するって、と考えてしまうさかなでした。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.10

抱負

新しい年の仕事始めも先週から始まってまた気持ち新たに頑張っていこうと1人鼻息の荒いさかなです。

先週の土曜日「Mardi Gras」に行ってきました。寒い雨の降る中いざ銀座へ。

Sn340171_4 久し振りにちゃんとお化粧したのでその証拠に撮ってみたりしたよ。)

さかなは何度か来た事があるのですが何を食べても本当に美味しくて嬉しいお店。盛り沢山食べて飲んで寒さも忘れるほど素敵な食事でした。ありがとう。

その帰り道大切な人へ送る大切なお菓子を頼まれてかなり緊張のさかな。

「なにを作っても大丈夫だろうからまかせるよ。」と言われプレッシャーに弱いさかな相当びびりまくり。

そして早速家に帰って仕込みを始めると気合の入りすぎなのか緊張なのか失敗しやした。。。。。これでもプロって言えるのだろうか。。。。。へこみ。。。。。

Parisで沢山教えてくれた人達、CordonのChef達すみません。これでも首席で卒業したと言えるのだろうか?と自問自答しながらもう一度仕込み込み込み。

今度はうまくいきますように、と月に願いをかけながら仕込んでおります。そしてもうちょっと度胸が大きくなりますように。060901_185401_2

元旦にパピーに買ってもらった四葉姉御とおそろいの破魔矢、だるまさんにも願いを込めて片目を書いたよ。両目を書き込むまでもあっというまに過ぎていくのかな。

それでも1日1日を大切に(亀田か?)ちゃんと向き合って生きていくぞ。Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.03

明けましておめでとうございます。年末年始皆様どうお過ごしでしたでしょうか?

さかなは盛り沢山で2年振りの日本での年末を過ごしました。

サンタになってのクリスマスケーキの配達を終えた後は四つ葉姉御のお家で滅茶苦茶豪華なすき焼きパーチー。クリスマスにちなんで三田牛で。これは今まで食べたすき焼きの中で多分最高のすき焼きだったと思いまする。ご馳走様でした。合掌。

その後は年末最後の納品の為に徹夜すること2日。無事納品を終えたあと27日と28日、相棒のフラッ娘のお家での餅つき大会へ。そこで年末の年越し蕎麦ならぬ年越しうどんをうたせてもらいました。これ腕前かなりいいと誉められ、ワーイと上機嫌。試食段階でかなり美味しいと言われさかな調子乗るほどご機嫌。農家に嫁に行けるらしい。。。。。うにゃ~。

そして29日は地元での忘年会、30日は和食の名店「かどわき」さんへ。ん~大人の世界への仲間入りだい。美味しい楽しい時間を一緒に過ごせることを心から幸せと改めて噛み締めました。

そして年末の31日、2年振りの実家での年末。マミ~の恒例の牛タン、美味しい中華おこわ、美味しかったよ~。

その後これまた恒例の深大寺へお参りへ。Dsc00030_1

ご機嫌の四つ葉姉御夫妻とおいら。

2007年、元旦は従姉妹のお家へ。臨月の彼女、すっきりとしていて全く臨月と見えないくらい身軽に動いていました。妊婦はこうでなくちゃね。

もう1人の従兄弟の子供は6ヶ月、ニコニコ笑って本当にいい子、さかなの膝の上ですやすや眠ってしまいました。(何故か周りのみんなに感心されるさかな、嬉しいけどほんの少し微妙なの。。。。。ちょっぴり寂しいのよ これでも)

今日は久し振りにさかな1人御飯。

人が大勢いるところ、すっごく楽しくて参加するの大好きなのだけどいるといつもちょびっとだけ違和感と疎外感を感じてしまう小心者のさかな。

だから今日はゆっくり1人でのんびり。(結構暗いよね、この台詞)

Sn340168_2

1人ベリーニ!いひいひ。

勿論仕事と仕込みを終えてからね。

今年はルプティの更なる発展を目指して頑張るぞ。そして初夢が叶いますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »