« さかなより | トップページ | 決定 »

2006.07.01

あまりにも幸せな夢をみたときは心の底から本当にこれが夢じゃなかったらいいのにって願ってしまいます。

悲しいことにこれは夢だって夢の中で分かっている自分がいて、それならどうかこのまま覚めないでいて欲しいと夢の中で切望してしまう。

でもハッと目を覚ましたとき、やっぱり夢だったんだと途方に暮れて心が潰れそうになってしまうのです。

もうこんな悲しい思いをするのなら夜眠りたくないと思ってしまうくらい。。。。。。

昔知り合いの人が言っていたけれど夢は心のバランスを取っているのだそうです。

現実があまりにも辛いとき、心まで悲しみや辛さに参ってしまわないよう楽しい幸せな夢をみるよう脳(なのかは忘れちゃった。。。。。)が信号を送ってるのですって。

茂木さん、本当ですかね?

反対に現実であまりにも夢みたいなことが起きるとこれは夢なんじゃないかと疑ってしまう小心者のさかながいます。

ついつい漫画のようにほっぺたつねってみたり、はたいてみたりしちゃいます。

昨日の続きじゃないけど「Dream BIG」だから夢は大きくありたいけど夢を夢で終わらせないよう日々精進です。

|

« さかなより | トップページ | 決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121640/10751552

この記事へのトラックバック一覧です: :

« さかなより | トップページ | 決定 »