« le minimum | トップページ | まだまだ。。。。。 »

2006.03.02

とっておきのもの

誰にでも必ずあると思う、絶対手元に置いておきたいもの。

何度も読み返してしまう本だったり、何回観ても大好きな映画だったり、忘れられない香りだったり。

そんなさかなのとっておきたちをご紹介~。でもね、何が好きって「とっておき」って響きが凄く好き。

その1. 小説編

よしもとばなな「キッチン」 もう何度読んだか分からないくらい読んでいるけれどそれでも毎回思うほど、とっても好きな作品。彼女の作品は本当に欠かさず読んでいます。

彼女の作品はとても好

きで、でも大好きとかとは違う。

殆ど読んでいるであろう彼女の作品の中では勿論とても好きなものとあまり。。なものとあるのです。

でも、「キッチン」は本当にさかなの中では別格なのです。それと同じくらいに「海のふた」と「王国」1.2.3はとても好きです。

長田弘「食卓一期一会」 大好きな友達に教えてもらった大切な詩集。言葉を、日本語をとても綺麗で面白いと思った、そしてとても大切な思い出を作ってくれた本。

何度読み返しても、そして読み返す度に新たな発見があって。何かあると読み返しています。

宮沢賢治「銀河鉄道の夜」の中にはいっている作品や彼の書いた作品全て。 本当にびっくりするするほど綺麗な表現で小説を書いていて、言葉には出来ないくらいの衝撃を受けました。

彼は果たして本当に人間だったのであろうか?と思うほど星や空のことを身近にそして美しく書いていて、映像でも温度でもない別の世界の中に読んだときにいたのです。

その2. 映画編

「Knocking on heaven's door」(ノッキング オン ヘブンズ ドア) とても好きなドイツ映画です。

エピソードを言いたくないのであまり書きませんが、死をテーマにした重い話なのにそう感じさせないテンポのよさとコメディチックなストーリーで描いていく2人の男の話。

沢山の想いを感じる映画です。

ん~まだまだ書き足りないのですが、明日へ続け

|

« le minimum | トップページ | まだまだ。。。。。 »

コメント

 ついうれしくてTBどこどこつけちゃいました。
 
 宮沢賢治は人間だったけど、近代人でなく原始人だったというのが、わたしの今んとこの理解です。
 

投稿: 方城渉 | 2006.03.03 08時22分

久しぶりに遊びに来ました。
ギャルが生まれてから、なかなかゆっくりPCを開く時間がなくて・・・。

「キッチン」は、私も好きです。
あの本との出会いは、中学か高校の頃だったかな~。
日本から来た友達から、貰って読んだ。
衝撃だったな・・・。
当時、私の住んでいたドイツでも「キッチン」は話題だった。
特に、イタリアでは大人気だったよ。

私のとっておきは・・・。
娘におっぱいあげてる時間かな(笑)。
すごく娘が愛しく、幸せを感じられる貴重なひととき。

投稿: Clara Iizuka | 2006.03.09 02時34分

くらら、久し振り。

忙しい中遊びに来てくれて、コメントしてくれてありがとう。

そうか~、くららもすっかりママですね。

何だかとっても不思議な感じです。

今回帰ったら、今回こそは愛しのギャルちゃんに必ず会いにいくぞ!


もうすぐ懐かしい顔が見れると思うと、更にダイエットに励みがつきまする。

投稿: さかな | 2006.03.13 05時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121640/8906202

この記事へのトラックバック一覧です: とっておきのもの:

» 銀河鉄道の夜 魂みがき [宮沢賢治の風]
月齢 17.5 ■魂の磨き方  今日は宮沢賢治の 銀河鉄道の夜 七、北十字とプリオシン海岸。  白鳥の停車場に20分停車したとき、ジョバンニとカムパネルラは川原の砂と銀河の水に出遭った。  その一粒一粒は、地上の人々の魂の一粒一粒であったろうか? 「中....... [続きを読む]

受信: 2006.03.03 08時18分

» 銀河鉄道の夜 女王の教室 [宮沢賢治の風]
月齢 18.5 ■生存競争  今日も宮沢賢治の 銀河鉄道の夜。  蝎(さそり)が命の循環を悟り、神さまにお祈りをする場面だ。    山の中で出会う花もサソリも小さな虫もいたちも鳥も蛇やカエルも獣も人間も だれもが自分勝手に利己的に生きている。  持ちつ持....... [続きを読む]

受信: 2006.03.03 08時19分

» 銀河鉄道の夜 宮沢賢治の肌感覚 [宮沢賢治の風]
 昨日「飛んでけ、アトピー・花粉症」の記事を読んである方が肌と心に関するメールをくれた。その返事を書きながら、宮沢賢治の肌感覚というものに思いをはせていた。 「欠如しつつある『肌感覚』」 という群馬県立産業技術センターの増渕さんという方の記事をみつけた....... [続きを読む]

受信: 2006.03.03 08時20分

« le minimum | トップページ | まだまだ。。。。。 »