« さかなのとっておきの自慢 | トップページ | とっておきのもの »

2006.02.23

le minimum

「minimum」(ミニマム、最低限、最小限)、それは「maximum」(マキシマム、最大限)の反対語。ミニマムに生きるということを最近考えます。

前にも書いたことがあると思うのですが、本当に必要なものって凄く最低限でいいと思うのです。

そして選択肢が少なければ少ないほど逆に選ぶことに厳しくなって自分にとっての本当に意味のあるものに気付けるような気がします。

あらゆるものが溢れている今の社会の中で全てのものがとっても簡単に手に入ってしまう。そんな恐いことは無いと思うのです。

自分が正しい目を持って、自分にとって本当に必要なものを見極める力みたいなものが弱まっていってしまうと思うからです。

さかなは昔からですが、FRANCEに来て更にどうしたらシンプルに最低限に生活できるか?ということを考えるようになりました。

自分のやりたいことがあると他のことにあまり目が行かなくなるのでそういった意味では興味はシンプルなのかも知れません。

あれもこれも知りたい、観たい、聞きたい、と思うことはある意味でいいことだと思うけれど、さかなは出来れば狭く深く行きたい。

その代わりこれって思うものに関してはとことん追求していきたいと思うのです。

例えば、こないだも書いた石鹸に関してもそう。石鹸と化粧水を手作りするようになってから基礎化粧品はこの2つで過ごせることに気付きました。

それから、さかなは基本的に菜食主義で過ごしています。なるべく乳製品も摂らないようにしています。もちろんお肉もお魚もチーズも美味しいと思う。時と場合によっては美味しくいただきます。

でも、毎日の生活の中では必要が無いと思うので食べません。

そうすることによってみえてくる野菜や果物、お豆の素晴らしさに、力強さに気付くことが出来ると思うのです。

シンプルに、ミニマムに、ってよく使われる言葉なだけに本当の意味を理解してちゃんと生きることが大事だと思うさかなです。

要らないものを削ぎ落とすことは逆に勇気だと思うから。これだけで生きていける、って人のほうがとっても強いと思うから。

そんな強い人になりたいと思うさかなが心がけている毎日の些細なこと。

さかなはお洒落さんではないので洋服のことはよく分かりません。でも自分が好きな洋服が似合うようでありたいと思うので、中身をしっかり鍛えて、そして外身もついてくるように心がけています。

お化粧もするのは好きだけど、基本的にはしません。するとしてもお粉(コーンスターチがお肌にも優しくて負担が無くて綺麗に叩けるの)をしてマスカラをする。それだけでもかなり代わります。

毎日の生活で1番心がけているのは綺麗な部屋を保つこと。忙しいとついついだらしなくなったり汚くなってしまいがち。でも、そうするともっと疲れてしまったり駄目になってしまったりするので、ちょっと大変でも面倒でも常に片付ける。それだけでかなり違う、そう思うさかなです。

こんな風にシンプルだけど深みのあることを大切にしていきたいと思う今日この頃でした。

|

« さかなのとっておきの自慢 | トップページ | とっておきのもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121640/8797404

この記事へのトラックバック一覧です: le minimum:

« さかなのとっておきの自慢 | トップページ | とっておきのもの »