« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006.01.27

風邪

またまた風邪なんてものをひいてしまい、しばらくご無沙汰してしまいました。。。。。ごめんなさい。でも、もう元気です。

さてさて日本の寒波の影響かめっきりしっかり寒くなって参りましたPARISでございますが、さかな鼻水たらしながら頑張っちょります。

3月でPARISをたつことが決定した(自分の中で)さかななので残り少ないPARISでの生活をゆっくり楽しみたいところなのですが、なんせ何故かレストランが忙しくて中々思うようにいきませぬ。

もういなくなると思うとあれもこれも、ここも見てないしてないと思いついてしまい大変です。

でも、去年の年末に両親が来た時に普段ではなかなか回らない観光名所巡りを短時間でまとめて出来ました。住んでいるとあまりに身近すぎてわざわざ行かなかったり後回しになってしまうところを行くことが出来てとても楽しかったし改めてPARISに魅せられました。

残り少ないPARIS、なんだかそう考えると寂しくなってしまいますが自分の中では結構堪能しました。(いや全然まだまだ分からないことだらけだし、まだまだなんだけど、それはそれ)その後はまたPARISとは違った魅力を見せてくれるであろう田舎住まいをしようと思っています。

沢山学んだことや吸収したことを背中に背負って日本に帰るのはいつなんだろう?

でも帰るときにはパンパンになって帰るので楽しみにしていてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.13

1月も。。。。。

何だか気付くともうあっというまに1月も半分。恐いくらいに時間が流れていってしまっている気分です。

去年の年末は何だかドタバタしたまま年が明けて、年明けは今度はとっても暇でポケーッとしていたらもうこんなに日が。。。。。

今年はFRANCEで過ごす最後の1年になるだろうと思っているので気を引き締めて沢山のことを学んで見て、吸収していきたいと思います。

summer5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.05

年末年始の出来事

さてさて、皆様どうお過ごしでしょうか?

年末年始、師走という文字の如く走り回っていたさかなでした。(魚走か?)

始まりは12月初めの頃の仲間のサプライズパーティー、その後Chefの誕生会、ノエルの準備、ノエル本番、またまた2人誕生日で誕生会、今度は忘年会。

そして何と言っても去年の1番のビッグイベントでありましたさかなの両親初ヨーロッパ大陸上陸!(初ヨーロッパ!と書くとイギリスとアイルランドは行ったことがあるから正しくない、初ヨーロッパ大陸だ、とマミーに言われるので。。。。。正しくね)の準備、そして上陸!イエーイ!!!!!楽しかったね~。

そして帰国と同時に年末、大晦日の準備というより本番。そして仕事をしながら年明け。

(でも両親の持ってきてくれた深大寺蕎麦をみんなで食べました、美味しかった~)

クタクタのお正月。お正月気分はゼロ。でも周りはお正月。

そんなこんなで久し振りの本当にゆっくりのお休みです。たっぷり寝て充電完了。

少し写真をアップしたいと思います。

KIF_2244

ノエルのブッシュドノエル。

みんなでハイテンションで大盛り上がりで頑張りましたぞよ。

KIF_2252

まかないもノエルと大晦日は豪華バージョン。

こんな風に綺麗にセッティングしてくれます。

ワイン付き。

大晦日は事前に食前酒まで聞いてくれます。

KIF_2248

前菜に牡蠣、海老、サーモン、貝類、たくさん並びます。

メインはノエルは子羊、大晦日は鴨でした。

ご馳走様でした。

KIF_2266

ノエルのデセールです。

盛り合わせ4種類。

ムース・ショコラ、チェリーの春巻きチック、柑橘類のタルト、羊乳のヨーグルトのソルべ。

大晦日はパトロンも、従業員も、お客さんもみんな一緒になって大盛り上がりでした。

でも終電を逃したくなかったさかなはその大騒ぎの横をすすっと帰りました。

パパ&ママPARIS旅行記はまた後日。お楽しみに~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.01

A Happpy New Year!!!!!

あけましておめでとうございます。

2005年、いろいろ盛り沢山、いいことも悪いことも、楽しかったことも悲しかったことも、全てを含めて結果大変良く出来ました、と2重丸◎をつけたいと思います。

2006年も今まで以上に頑張れるよう、そしてみんなにとって良い年になりますように。

Bonne Annee!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »