« 水戸黄門 | トップページ | 師走 »

2005.11.25

huitre

さてさて、めっきり寒くなって参りました、PARISです。

この時期、何が美味しいって、何をもっても牡蠣です。牡蠣。

この時期、朝市でも専門のお店が出ているし、勿論魚屋さんでも山盛り。

そして私の働いているレストランでも結構前からメニューに組み込まれました。

さかな個人の好きな食べ方としては何と言っても生牡蠣、しかもレモンのお酢もなくそのまま、海水だけの塩味で食べる生牡蠣、んーーーーーーー最高です!!!!!

続きましては、昔バカナルでChefが忘年会で出してくれた半生の焼き牡蠣、これもまたもうどうしようもなく最高です。生牡蠣よりも少し濃厚になり、でもチュルっといけてしまう喉越し。たまらないっす。

そして牡蠣しゃぶ、ささっと昆布出汁の熱いお汁にくぐらして食す。甘い牡蠣、そしてホッとする出汁の味、んーお箸の国の人で良かった(味の素の宣伝並に)思うひと時ですね。

豆腐チゲに牡蠣が入っているのも好きです。豆腐に凍み込んだ牡蠣のうまみ、御飯が止まりませぬ。。。。。。NYの姉と一緒に食べたNWの豆腐チゲがまた食べたいのです。

そんな大好きな牡蠣なのですが苦手なのが牡蠣フライ。

プックリしてしまった肝の部分が口に残ってしまってどうしても苦手です。

と、まぁ牡蠣についてかなり書きましたが、旬のものはとにかく旨いっすな。

|

« 水戸黄門 | トップページ | 師走 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121640/7307808

この記事へのトラックバック一覧です: huitre:

« 水戸黄門 | トップページ | 師走 »